制限ありと無制限の違い

自動車を保有するときには必ず自賠責に加入しなければならず、これにより対人損害賠償が必要な時に一定の補償をしてもらえます。相手が死亡してしまったときには3千万円の補償をしてもらえるので安心しがちですが、実際にはそれ以上の補償が必要になるケースも多くそのための準備が必要になるでしょう。それに備えるには任意の自動車保険において対人損害賠償できるタイプに入っておかなければいけません。このとき良くあるのは補償額を無制限にする方法ですが、実際には補償額を1億円や5千万円などに設定したりもできます。 補償額に制限を持たせると確かに保険料は安くなりますが、保険料はびっくりするほど安くなるわけではありません。その一方で数億円の損害賠償が必要になるケースは結構あり、それに備えられる無制限に設定しておくのが無難とされています。

実損補償か定額補償か

自賠責保険では事故の相手である人に対してのみ損害賠償が行え、自分自身や搭乗者に損害が生じていても損害賠償ができません。任意の自動車保険には自分自身や搭乗者の治療費などを補償できるタイプもあるので、家族を良く乗せたりするなら入っておいた方がいいでしょう。搭乗者の補償をしてくれるタイプとして人身傷害保険と搭乗者傷害保険があり、どちらに入ったらいいのかどちらにも入るべきかを迷ったりするようです。人身傷害保険は補償額を決められ、その範囲内で実際に生じた損害分の補償をしてもらえます。一方搭乗者傷害保険は搭乗者の生じたけがなどによってあらかじめ決められた金額が補償されます。実損補償なら人身傷害保険がいいですし、定額でもいいなら搭乗者傷害保険でも良いでしょう。