身近な自動車トラブルに対応

自動車を利用するときには事前にいろいろなチェックが必要とされ、それをしておけば運転時のトラブルは最小限に防げるでしょう。しかし利用頻度が増えてくると必要とされるチェックが怠りがちになり、起きなくてもいいトラブルが起きる可能性が出てきます。自動車利用時によくあるトラブルとしてはバッテリー上がりやガス欠、さらにはキーの閉じ込めがあり経験して大変な思いをした人もいるでしょう。自動車保険の付帯サービスとしてロードサービスを用意しているところがあり、それらのトラブルが起きたときに無料や一定の費用で対応してくれるところがあります。ただ保険会社によって内容は異なり、ガス欠ならガソリン代が有料のところもあれば一定量まで無料のところもあります。

事故発生時に必要になる対応

自動車同士の衝突や単独でガードレールなどに衝突したとき、その後自動車の運転が困難になったりします。自動車をそのまま放置するわけにお行かないですし、自分自身もその場に取り残されてどうやって帰ったらいいのか途方に暮れる可能性もあります。自動車保険の付帯サービスの中には事故が起きたときに一定の作業をしてくれるものがあり、便利なものとしてレッカーサービスがあります。自動車の修理ができる工場まで運んでもらえますが、保険会社によって距離に制限があったり提携の工場にしか運んでもらえないときもあります。自宅から離れたところで事故が起きたときには帰宅費用を補償してくれたり宿泊費用を補償してくれるところもあります。こちらも保険会社で内容が異なるのでしっかり比較した方がいいでしょう。